外国語教育

 

東京国際フランス学園における外国語教育

20219

外国語教育は、東京国際フランス学園における学校計画の根幹をなすものです。

この外国語教育は、刷新され認定を受けた以下のセクションで実施されます。

  • 中・高等教育科ヨーロッパセクション(英語)
  • バカロレアインターナショナルオプション(OIB)準備を行うインターナショナルアメリカセクション
  • バカロレアインターナショナルオプション(OIB)準備を行うインターナショナル日本語セクション
幼児教育科

幼児教育科ではフランス語に重点が置かれますが、受入国の言語である日本語も選択することができます。また、フランス語に問題がない年中・年長クラスの生徒には、英語の集中授業が受けられるプレ・インターナショナルセクションも準備されています。

初等教育科

幼児教育科に引き続き初等教育科においても、生徒のさらなる学習向上をめざし、一貫性があり、個々の要望に合わせた複数の外国語コースが用意されています。外国語個別選択コースPARLE(日本語・英語)または、アメリカインターナショナルセクションや日本語インターナショナルセクションがあります。

初等教育科生徒のための個別外国語コース

話法・言語・文化面での能力の発達を最大限促すため、本校は個々の要望に合わせた外国語教育を提供しています。

これらのコースは、初等科3年、4年、5年で実施されており、5種類のコースの選択肢があります(4つの個別コースと英語バイリンガルクラス)

 

英語

日本語

EMILE*

コース1(日本語に重点)

145分授業

345分授業

日本語1時間

コース2

245分授業

245分授業

日本語1時間(選択)

コース3

245分授業

245分授業

英語1時間(選択)

コース4英語に重点)

345分授業

145分授業

英語1時間

バイリンガルクラス

12時間授業

245分授業

(外国語または母語)

 

* 外国語による教科授業

詳細は下記のリンクからご覧いただけます。

中・高等教育科
  • 中・高等教育科では、3つのコースがあり、言語能力とバカロレア取得後の進路によって選ぶことができます。
  • バカロレアインターナショナルオプション(歴史/文学試験)は、日本語インターナショナルセクションやアメリカインターナショナルセクションを締めくくる試験となります。